ジョーンズの恋の物語「屋台」編

宇宙人ジョーンズの地球調査(サントリー缶コーヒーBOSSのCM)

プロフィール

ボスのCMに惹かれて

サントリーBOSSのCMに惹かれた、宇宙人ジョーンズのファン。

缶コーヒーレインボーマウンテンのコンセプトにまんまとひっかかった一人です。

ついには俳優ジョーンズ氏の映画のファンにまで・・

宇宙人ジョーンズが調査するは地球=日本である。

そして、忘れかけた日本人の心やおもしろさをジョーンズは見つけてくれる。

働くお父さんがほっと一息つけるCM。

宇宙人ジョーンズ

宇宙人ジョーンズが調査するは地球=日本である。
そして、忘れかけた日本人の心やおもしろさをジョーンズは見つけてくれる。
働くお父さんがほっと一息つけるCM。

ジョーンズの恋の物語「屋台」編

サントリー「BOSS」レーンボーマウンテンのCM、宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ第17弾。
今度は、ジョーンズが駅裏の屋台のラーメン屋のおやじをしている「屋台」編である。

今回のゲスト出演は、鈴木京香さん。ちょっとワケがありそうな美人OLを演じている。

この「屋台」では、ジョーンズの大人の恋の物語となっている。
「秋葉原」編や「農家」編でちょっと赤くなるのとは違い、ドラマティックな恋のストーリーである。

ジョーンズは、屋台のラーメン屋のおやじを演じているのだが、今までのジョーンズとは違っている。これまでは、何ともぎこちない日本人(地球人)を演じていたのだが、今回は、なんとも心憎いラーメン屋のおやじである。

終電の頃であろうか、鈴木京香さん演じるOLが屋台のラーメン屋にやってくる。
初めにいた二人のサラリーマンの一人が声をかけたとたんに、どんぶりに入っていた2つのナルトが目に貼りつく。知らないふりをして黙々とラーメンを作るジョーンズに、分かっているのは「ありがとうございます。」と声をかけるOL。それに対して、何も言葉を返さず、黙って彼女にラーメンを差し出すジョーンズ。

そして彼女がジョーンズの差し出すラーメンを一口食べて、「おいしいです。」とジョーンズを見つめる。その視線に気付いたのか、ジョーンズも下を向いていた視線を上げて彼女を見る。
BGMには、『スローなブギにしてくれ』の楽曲が静かに流れ始める。

なんとも、これまでのジョーンズとは違った、俳優トミー・リー・ジョンズの演技そのものを見ているようだ。鈴木京香さんとトミー・リー・ジョンズの重厚な演技力が表現された作品になったと思う。

そしてさらに、お店を閉めた後、屋台の後片付けをしているジョーンズの横で、「終電終わっちゃったし……」などとつぶやき、屋台を引いているジョーンズと並んで歩きながら、「泊まっちゃおうかな、オヤジさん家」と京香さんが言い出します。
その彼女の予想外な彼女の言葉に興奮したのか、思わず両耳から“シュウ〜”と蒸気を噴き出す。
ここでは、いつもの宇宙人になっている。
そして、「ただ、この惑星では、無口な方がもてる。」と、いつものように調査報告をまとめる。

この屋台を仕舞ってからの帰り道、ジョーンズが口にしているのが、レインボーマウンテンである。
この缶コーヒー「レーンボーマウンテン」に、働くお父さんがほっと一息するような味わいに、ちょっと心ときめく映画用のような叙情的な味わいが加わったようだ。

携帯PRサイト:コロコロみかんナビ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。